<< 優しい手♪ | main | 手をつないだ姉妹♪ >>

頑張るという言葉♪

雨の少ない梅雨ですね

こなままだと夏がどんなふうになってしまうのでしょうか・・・
恐ろしいです

さて随分前の話になってしまいますが、ちょうど1か月前に山中湖ロードレースに参加して来ました

そう、去年も走ったあの13.5劼任喉

今年はあまり練習もしていなかったので、前日まで不安だったのですが
素晴らしい自然と、世界遺産になった富士山(おめでと〜)を見たら

嬉しくなってしまい、走れる走れないなんてどうでも良くなっちゃいました

すると前回とは違い、周りの景色を楽しんだり走っている方を観察したりして
自分なりに楽しんでいたら

「 あれ? もう8km? 」

と前回の8km地点よりも楽に感じました
走り切らなければという気負いがなかったせいでしょうか♪


でもそういってもやはり、ラストの100m(上り坂あり)はとてもきつく
笑顔もなく必死の形相
(去年は歩いたりしましたが、今年は走り切りました♪)

自分の心のなかで 「頑張れ〜、もう少しだぁ〜」
と繰り返し思っていました♪

そこへ、観衆の方達からの声援

『 頑張れ〜、もう少しだぞぉ〜!』  

そして、追い打ちをかけるかのように子供たちのプラカード!

【 いつ頑張るの?  今でしょ!!】

うるさ〜い  わかってるよ〜  頑張ってんだよ〜

ととっさに思った素直な私の感想
と同時にいっぺんに頭のなかをいろんな感情が沸き起こりました

頑張っている人に頑張ってって言ってはいけないってこのことだな・・・

そして 『 頑張って!』 

という素敵な応援してくれるこの言葉を、そんな風にしか捉えられないくらい、
いっぱいいっぱいになっている自分に気が付きました

そう心に余裕がないんですね


すべてにおいてとは言いませんが、人から頂いた言葉を素直に受け取れないときは
自分に余裕がなくなっているひとつのバロメーターにするといいですね


最近、私のなかでの流行語  『 イラッと指数 』
このイラッと指数がMAXにならないように気をつけるようにしています

・・・息子がまだ起きてこない・・・いらっ

     

         いかんいかん



ということで、今回の山中湖ロードレースで学んだことが、
  「気負わずに」と「心の余裕」でした

   まだ起きてこない・・・いらいらっ
  
   

    


PS・ 山中湖で声援を送って下さった方、余裕がなくて笑顔で返せなくて
    ごめんなさい
    無事に完走できました  ありがとうございました

    ・・・ただ、走り終わった後、左足の前脛骨筋と腓腹筋が同時につる
    という地獄を味わったのでした  ひえ〜

                        
                           

     

                         七石金勢  美咲
  
 
   
    



 
| 日常生活 | 07:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

| - | 07:53 | - | - | - | - |
Comment









Trackback
url: http://7stones.jugem.jp/trackback/62

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM